イミニLPS研究所

免疫ビタミン®パントエア菌LPSについて

LPSはどのように摂るのが効果的か

LPSは、肌に塗っても食べても「安全」で「効果的」

様々な効果が期待できるLPSですが、一体どのように摂取するのが良いのでしょうか。
LPSは、身体や顔など皮膚に塗る経皮摂取、また食事やサプリメント等による経口摂取、そのどちらでも効果と安全性が認められています。
実験によると、LPSを1日に、体重1㎏あたり10μg程度摂取すると病気の予防改善などの効果が見られ、またその一方で数万倍を摂取しても毒性は見られません。(*1)(*2)

LPS=「毒」なの!?

インターネットでLPSと調べた際に、LPSが「毒」と記載されている事があり、その情報を見て不安になる方もいるかもしれません。
実は、LPSを血液中に注射すると、炎症が起こることがわかっています。血液の中の免疫細胞は、血液中でLPSを発見すると、入るべからざるところに病原菌が入ってきたと考え、排除するための炎症を起こしてしまう為です。
LPS研究の歴史を振り返ると、この血液中での炎症作用が先に知られたため、LPSにはエンドトキシン(内毒素)という別名があるほどです。しかし、それはLPSを注射した実験、あるいは感染で体内に持ち込まれた場合に限ります。
LPSに限らず日常的に口にしている食品でも、注射をすると危険な物質はたくさんありますが、LPSも注射をするべき物質ではなく、皮膚や口から摂取することで、素晴らしい効果を発揮する物質なのです。

漢方薬にも非常に多く含まれるLPS

LPSは、もともと細菌由来の成分で、元々人間は古くから、自然の土壌から摂取していました。
また、LPSは漢方薬にも特に多く含まれていることが研究で明らからになっており、例えば、疲労・衰弱している人の気力と体力を補う漢方薬「十全大補湯」については、有効成分がLPSであるという論文も出ています(*3)。東洋医学の観点からも、LPSは古くから人間の健康と密接に関係してきたことが分かります。
しかし、現代では私たちの身近では豊かな自然は姿を消し、また植物を栽培する際は化学肥料が多く使われています。科学肥料を使った土壌は細菌の種類が偏り、農薬を使うと細菌が死滅します。こういったことから、近年野菜についているLPS量は減っており、自然な生活の中で、LPSを十分に摂取することは難しくなっています。
ですので、私たちが十分なLPSを摂取するためには、なるべく自然に触れる生活を心がけること、食事面では、有機野菜や玄米、海藻、キノコ類を摂取する、またサプリメントや化粧品をうまく活用するといった工夫が必要といえるでしょう。


(*1)Utility and safety of LPS-based fermented flour extract as a macrophage activator, Anticancer Research 29: 859-864 (2009)
(*2)Subchronic (90-day) toxicity assessment of Somacy-FP100, a lipopolysaccharide-containing fermented wheat flour extract from Pantoea agglomerans, Journal of Applied toxicology DOI: 10.1002/jat.3987 (2020)
(*3)Uncovering potential ‘herbal probiotics’ in Juzen-taiho-to through the study of associated bacterial populations, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 25 (2015) 466–469

pagetop